神速★新感覚デジタル打法 【R2500-1.85】

【R2500-1.85】 ↑この意味がお分かりだろうか。 R2500、平均順位1.85のことである。 平均順位はもちろん鳳凰卓でのものだ。 夢物語のようなRと平均順位。 これを現実にする――。 はっきりいって無謀すぎて、イッてしまっているように思える。 まず、R2500は天鳳史上一人もいないと思われる。 というか、R2400ですら変態的なレベルである。 加えて、鳳凰卓平均順…

続きを読む

プロとアマの違い

ブログでおなじみの原宿ジェンヌさんの記事の中に猿川プロのブログURLがあった。 記事の内容はこうだ。 先日 2回戦目ぐらいだろうか こんな事があった 開局に親が一本積んでいる時に 2000点は3500点出あがり 次局 4巡目リーチに3人降りている間に ツモって 2000、4000の1枚オール 役はリーチツモ赤裏 更に次局 親番で7巡目テンパイ ドラは② …

続きを読む

一からの出直し

ひさしぶりに八段になった。 あの五段事件(※わずか1週間ほどで八段R2170から五段R1970まで怒涛の転落したというイタイ事件。)以来のかなり悪質な不調である。今回は、十段R2340から八段R2190まで落ちたのだから、負傷でいうならば「全治3か月の粉砕骨折」といったところだろう。 しかし、そういった打たれ強さなら既に克服している。そして、もちろんタダでは起きない。 ひさしぶりに特上…

続きを読む

神速★7thエモーション 【呼び込み】

先日またしても九段に降段した。 もう4度目である。 もし、範馬勇次郎がいたなら迷わず、 「フン、成長せんやつだ」 とでもいうのだろうが、どうしてどうしてこの十段維持というのは難しい。 ラス引いて-180pt。 今回はまさかの5連敗で-900pt。 ちょっと調子が悪いと、もれなく落ちることができるイキな仕様。 分かり切っていたことだけれども、天鳳位というものはそれほどの価値がある。…

続きを読む

神速★6thエモーション 【S.S.スキャン】

【S.S.スキャン】 ↑「Sweet Spot スキャン」の略。 Sweet Spot(スウィートスポット)とは、他家が使いづらく山に残っているゾーンのこと。 例えば、「ソウズの上はスウィートスポットなので待ちにしたい。」のように用いる。 ジャンルとしては山読みに入る。 ターツ選択のときにこのスウィートスポットを把握しておくことは非常に重要だ。 さて、じつは秋刀魚攻略において重要…

続きを読む

うわさの2nd天鳳位

ついに史上2人目の天鳳位が誕生。 順位 名前 Rate 段位 1 〓いちはら〓 2416M 天鳳位 天鳳をある程度かじった人なら、この名前を一度は耳にしたことがあるはずだ。 ――そう、四人打ち・三人打ちともにRランキング1位になった実績があるこの人だ。 雀風はネット麻雀界では少数派にあたる面前攻撃型。いわゆる「本格派」と呼ばれる打ち方である。 月間ランキングオール1位のs…

続きを読む

フォーム適性チェック

現代麻雀の3大要素といえば、 ☆牌効率 ☆押し引き ☆読み この3つが挙げられる。 さて、この3つの内のどれに重点を置くのが理想だろうか。 人によって違うと思うし、答えはない。 しかし、この配分によって、その人に向いている型を知ることはできるのではないかと思う。 試しに、以下の質問に答えてみていただきたい。 1.牌効率・押し引き・読みの3つを、重視している順…

続きを読む

神速★5thエモーション 【読み(応用編)】

 前回のブログで九段に降段したと書いたけれども、どうしてどうして2日で十段に復帰。その十段復帰目前の対戦から、対戦中の思考・読みを書いていこうと思う。(読みについては、裏スジやワンチャンスなどからつらつら書いていこうかとも思ったが、実戦が一番リアルな読みを体感できるはず・・・。) 【登場人物紹介】←※同卓。 ◆ミッチー◆ 八段 R2215  Rランキング登場以来、八段R2200以上…

続きを読む

ドラクエ休暇終了♪&九段降段

先週からドラクエばっかりで天鳳はおやすみしていたが、やっとクリアしたので天鳳に集中することに。 まず、今回のドラクエの感想。 【評価】 ・ストーリー ☆☆ ・バトル    ☆☆☆ ・システム ☆☆☆☆ ・トータル   ☆☆☆ まあまあ面白い。ストーリーはドラクエ特有のベタな展開だった。安心した反面、ちょっと残念ではある。 バトルはテンポが良く、ゲームが苦手な人でも分…

続きを読む

ドラクエ9購入\

今日はドラクエ9の発売日。 じつはすぐ買う予定はなかったので、予約はしていなかった。 しかし、なぜか急に買いたい衝動に駆られて近くのストアを訪れた。 「さすがに予約なしじゃ無理じゃね?ん、そうなんでしょ。」 と思いつつドラクエがありそうなトコに到着。 ・・・ええ、余裕でありました。しかも大量にw 5秒で手に取り、早速家でプレイを始める。 ぴこぴこ・・・・・・・・・・ …

続きを読む

☆十段到達☆

7/5  23:00頃 昇段戦―――  07/05 | 牌譜 | 三鳳南喰赤 | http://tenhou.net/0/?log=2009070523gm-00b9-0000-a2e25b2d&tw=1 1位 B:神速★.com(+61) C:*****(-7) A:*****(-54) ――― うむ、十段だ・・・。 実感が湧かない。 半年前⇒「十段になったときの…

続きを読む

段位維持に必要な平均順位

上の段位を狙う上で、段位維持に必要な平均順位はぜひ知っておきたい。 単純計算で言えば、その数字より良い平均順位であれば昇段する計算になる。 2着率が影響してくるため正確な数字は出せないのだが、およその目安として参考にしていただきたい。 では、六段から見ていこう。 ★六段★ トップ +105pt(特上) ラス  -120pt トップ8回 ラス7回 で±0 このときの平均順…

続きを読む

神速★4thエモーション 【デジタル・ケーススタディ】

「こういうときはコレ切り!」 といつも同じ打牌をする人がいる。 「麻雀に同じ局面はない。何を切るかなんて状況次第。」 という人もいる。 自分の場合は、前者に近い。 つまり、データに裏付けされた一定のシステム・フォームが確立されていて、どんな状況でも淡々とそれを選択し続けることが、結果を残すための近道と考える。 流れ・調子・感情・相性・・・などを極力排除して理に適った一打を河に放る…

続きを読む

☆九段到達☆

長かった・・・ 3210試合をこなし、ようやくたどり着いた・・・。 九段。 いろいろフォームを模索し、研究を重ね、多くの方々に励まされ、一つの目標を達成することができた。 よく、 「自分一人の力ではないと思っています。周りの人々のおかげです。」 的なコメントをスポーツ選手はするが、あれは一種の決まり文句だと思っていた。 しかし、ここにきてやっとその言葉の意味を知るこ…

続きを読む

神速★3rdエモーション 【リーチ判断】

【リーチ判断】 リーチの判断はカテゴリーとしては「押し引き」に入る。 そして、人によってかなり違いの出てくるところでもある。 このリーチ判断を、スーパーデジタル的に具体的な手牌を挙げながら検証してみたい。 ①手変わりが少なければリーチ ドラ >>1・3pを重ねて白を狙う、4p引きでの好形変化などもあるが、即リーチで出あがりの攻撃判定を付加しておいたほうが早い。…

続きを読む

最近の麻雀スケジュール

最近の麻雀スケジュール 月:夜8時~1時 火:夜8時~1時 水:夜8時~1時 木:夜7時~9時 金:夜8時~1時 土:昼2時~2時 日:昼2時~夜9時 この時間帯に打つことが多い。 ・平日は仕事があるので、夜から。 ・木・日は夜9時過ぎから予定があるので×。 ・土曜日はブログ更新。 ・土曜日・日曜日は自由に打てるけど、どっか行ってることも多い。 とこんな感じ…

続きを読む

【クラシカル・タクティクス★コレクション】

【クラシカル・タクティクス★コレクション】 ※古典的な戦術のこと。 麻雀はここ数年で格段に進歩した。 以前は主流であったアナログ的思考から、デジタル的思考へとシフトしてきている。 その理由は、デジタルの方が勝率が高いからというシンプルなものである。 では、そのデジタル的思考とはどんなものなのだろう。 (-_-)/~~~ピシー!ピシー! ←解説キャラ・デジオくん 「今から辛口…

続きを読む

神速★2ndエモーション 【攻防一体3種の神器】

【攻防一体3種の神器】 結論からいうと・・・ ◆先制リーチ ◆ホンイツ ◆バック の3つ。 秋刀魚は押して負け、引いて負けの要素が強い。 ツモ損ありの影響も加味されて、フリコミが多いと単純にダメージが大きいため、挽回がキツい。 さりとて、引いてばかりだとツモられて点棒が削られていく。 では、どうすれば良いのか――? 答えは、「守りながら攻める」だ。 …

続きを読む

神速★1stエモーション 【バック】

バックのイメージ。 「え、下手そう。」 「なんか不潔な感じ~。」 「ってかバックとかするやつ氏ね」 ・・・まあまあ、みなさんこぞって辛口ですなw とこうもマイナスイメージがつきまとってやまないバックだが、今回のスタイル「クイック★エモーション打法」ではこのバックがなかなかイイ。 まず、守備力がイイ。 役牌が2枚あるので受けが利く。他家は役牌バックを認識しているので、切る…

続きを読む

2ndフォーム始動プロジェクト

あぐらさん 「自分のフォームを壊してみるのもいいのでは?」 自分 「地獄用の打ち方を研究してみます。」 この会話からはじまった今回のプロジェクト。 件のフォームはある程度の効果は挙げることはできても頂は見えないのではないか、という疑惑が沸いてきて、牌譜を検証してみた。 すると、ある欠点が浮かび上がった。それは、 ・状態が良いときは効果があるが、悪い時はツモられて負け…

続きを読む