喰い仕掛け読み

サンマの技術介入度の高い分野である「喰い仕掛け読み」。
成績への影響度が高いこの分野、意外なことに研究があまり進んでいない。
テンパイしているかどうかが分からない上に、テンパイしてからも待ちが変わるため、リーチ対応に比べて難しい。
必ず押さえておきたいポイントは以下。

1.安全牌手出し

鳴きはフットワークが重要。完全シャンテンになるような手組みにしたいのは誰しも同じ。しかし、ときとして煮詰まってそうな手牌から安全牌がポロり。これを見逃さないのがポイント。

まず、ある程度手が進行してからの安全牌手出しはシャンテン以上と読むのが基本。そして、概ねそれ以前に出た数牌の外スジは安全牌化する。334みたいな形はできるだけキープするのが普通なので、安全牌より3の方が後になるからである。例外は手役・ドラ絡みのとき。手役を読んでいれば、例外もある程度ケアできる。
リーチを受けての安全牌切りは大体トイツ。現張り狙い打ちのときに有効。

2.ラグ読み

端牌ラグはアタマ濃厚。ラグ長めならカンチャン・ペンチャンからのタンキ受け変えで迷った疑惑。リャンメン待ち時アタマラグなら、他にカン材を持っていることが多い。もちろんアンコの可能性もある。
中張牌ラグはまだぎ危険。22334+中中みたいな複合形多し。この場合なら3ラグで3のまたぎは危険となる。

3.打牌スピード読み

安全牌っぽい牌で切るのに間があったら、安牌交換小考濃厚。つまりテンパイしていない可能性アップ。逆に、マッハで切ってきたら、手がわり無用テンパイ濃厚。トイトイやバックで手牌が固定されていたり、良形+赤入れ替えなし+カン材なしの構えであることが多い。

4.逆切り

基本的に不自然な逆切り発生でシャンテン以上濃厚。また、4⇒2と離して切ってきたときなどは外側の1がトイツの可能性と、スライド(2344から4を切った後に5ツモ打2など)の可能性が高い。

5.その他

・序盤發ポン⇒打白=中なしの可能性が高い。
・テンパイ時小考牌が絡む待ち危険(246から2・6どっち切るか迷う、23に2を引いてシャボに受け変えるか迷うなど)前者のようにカンチャンがからむと小考が長めになりやすい。
・バック濃厚時の端牌ラグ⇒アタマの可能性が高い=危険な役牌切るなら今!テンパイ時のカン材ならカンすることも多いためたぶんアタマと読む。ちなみにバック濃厚時の超絶長考は、ツモれないほうツモったときorトイトイなどの移行を考えた可能性大なので、1~3巡くらいはけっこうなんでも通る。
・喰いタン風仕掛け時、字牌⇒端牌の巡で手出しが入ったら、タンヤオやや否定。
・ホンイツ時、1,9m⇒染めてない色の巡で出てきたらホンイツテンパイ否定。(単に染め手ではないか、染まってない色のターツ落としの可能性が高いため、手がわりまでの間はホンイツで当たられる可能性は低い。


また、テンパイしてる可能性50%くらいの捨て牌なら、危険度B(まあまあ危険)くらいならけっこう通る。放銃確率20%の牌でもテンパイ率50%なら、20%×50%=10%くらいの危険度に格下げとなるため。行く手ではないときはこれらの牌をも切るべきではないが、行けるかもしれない手では押し有利。ただ、この辺の感覚は、経験則も入ってくるので判断が難しいが、捨て牌の濃さ・押しの強さ・打牌速度などから総合的に判断するしかない。


・・・以上の基本的なことを頭に入れておくだけでも鳴きに対する放銃は少なくなるはずです。


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

レイバン サングラス
Excerpt: 喰い仕掛け読み 神速★麻雀コラム~もぐらくんの小屋~/ウェブリブログ
Weblog: レイバン サングラス
Tracked: 2013-07-05 22:06